ボルドーの鴨肉専門店ラフィットより
料理で悩まない分、ワインで存分に悩んでください
鴨肉のコンフィ編
トングなどで抜き取るように一気に取り出します。そしてそのまま熱したフライパンへ。

菜箸などを使うと肉の形が崩れてしまうかもしれません。
とても簡単で美味しい一皿が出来上がります
調理はとても簡単ですが、手順もカンタンに書きます 脂と相性のよい野菜ならなんでもいいです。じゃがいもはちょっと多いかな?と思うくらい用意した方がいいでしょう。
図ではイタリアンパセリですが、普通のパセリの方が彩りがきれいになるかもしれません。
じゃがいなどの火の通りの悪いものはあらかじめ下ごしらえしておきます。
栓抜きなどを使ってこじ開けます 脂を全部使うと多いように思います。残しておいてチャーハンやパスタを作るときにでも使いましょう。
皮を香ばしく焼くことに全力集中 塩胡椒を軽く振るといいでしょう。皮の表面に焦げ色がついたら火力を落として、中まで熱が通るまでゆっくり焼きます。

脂を落とすためにバッドに一旦上げるとよいです。
じゃがいもは取り合いになるほど美味しい 鴨の脂が美味しいので、脂と相性のよい野菜はなんでも美味しくなります。中でもじゃがいもは絶品、小さなお子様は大喜びのはず。
お皿に盛った後、フライパンに残った汁を肉の上からたらしてください。
香ばしく焼いた皮はこれまた絶品です。
同じストックならば冷凍食品より優れているのではないだろうか 価格の面から言っても2本入りで、相当なボリューム、食べきれない人も多いのではないでしょうか。要は瓶から取り出して焼くだけのスピーディで簡単な商品です。レンジに「チン」と小さくつぶやかせるより、ご近所中が羨ましがるような香りを漂わせることができます。
ボルドーの鴨肉専門店ラフィットの商品 昼間の光の方がきれいに撮影できるということで、昼間に調理を敢行、「これは本当に仕事か?」と思うほど楽しく美味しい仕事でした。キッチンの傍らに「次はボク」とダンボールに詰められているラフィットの商品たち、時間を作って順番にご紹介していきます。
さて、ワインは? ボルドーの濃いワインでしょうね。まだ仕事も残っているのでワインと合わせはしていませんが。
 
鴨の砂肝コンフィ編
たまごくらいの大きさの砂肝が5切れ入っています たまごくらいの大きさの砂肝が5切れ入っています
中火で軽く焦げ目がつく程度に焼きます 中火で軽く焦げ目がつく程度に焼きます。
砂肝に付いている脂で十分、残った脂は他の炒め物に使いましょう。加えて言うなら、すべての脂をフライパンに入れると多すぎて揚げ物のようになり、はぜて危険です。
ベランダに植えているイタリアンパセリを添えました ベランダに植えているイタリアンパセリを添えました。輪切りにして一口大にスライス、香味野菜のドレッシングをかけてサービスした方がスタイリッシュだったかなぁ。
焼き鳥屋で食べる砂肝同様、コリコリ 焼き鳥屋で食べる砂肝同様、コリコリ、中はしっかり詰まった感じがあります。それでも鴨ですから噛むほどにコクが出てきます。つるっとした表面とぎゅっと詰まった中身との食感もいいです。
 
1〜1件 (全1件)
商品画像 商品名/コメント 本体価格
(税込価格)

ラフィット ガチョウのリエット 120g 【賞味期限2017年12月3日】
73921
フランス ラフィット ガチョウのリエット 120g 【賞味期限2017年12月3日】 120g
833円
.
(900円)
*
こちらまでお問い合わせください。
1〜1件 (全1件)